お葬式に来てもらう人を決める

お葬式の方針を決める時に、まず考えなくてはならないのが誰に来て欲しいかです。呼ぶ人の数によって式場の大きさや費用が決まってきます。あまり大勢の人を呼ばないで、身内だけで済ませたいと思う人が多いですが、親戚づきあいや交友関係なども考えておかなくてはなりません。

故人は呼んでおきたいと思っていた人もいるでしょうし、お葬式には訃報を知らせるという役目もありますから、よく考えてお葬式に呼ぶ人を決める必要があります。呼びたい人が決まりましたら、連絡先を確認しておかなくてはなりません。お葬式の準備は短期間で行うので、正確な連絡先が分かならいと、呼びたいにも関わらず来てもらうことができないということになってしまいます。

お葬式に呼ぶ人の連絡先は家族内で共有するようにして、万が一の時にすぐに連絡できるようにしておきましょう。氏名、住所、電話番号以外に、メールアドレスなどもメモしておけば緊急時でも連絡しやすくなります。もしもの時の連絡先が見付からずにお葬式の準備がスムーズにいかないと、周囲に迷惑をかけてしまう事もありますし、不審に思われることもあります。詳しい内容まで共有する必要はありませんが、どこに連絡先が保管してあるのかを教え合っておくべきです。