お葬式で遺族の代表者となる喪主を決める

お葬式の執り行う時は、喪主も決めておかなくてはなりません。お葬式で遺族の代表者となるのが喪主です。喪主はお葬式を執り行い弔問を受ける役目をし、お悔やみの言葉に対してお礼を述べます。通夜式、通夜振る舞い、告別式などでも、挨拶することになっています。

喪主の決め方に法的な制限や明確なルールはありませんが、配偶者、長男、長女、父親など、故人と縁の深い人が喪主を務めることが一般的です。配偶者が亡くなっていて未成年の長男や長女が一番の近親者となる場合は、親や兄弟が喪主となることもありますし、最近では男性を優先するという傾向もなくなってきました。

関係者による話し合いの結果、喪主となった人は責任を持ってお葬式の進行に協力しななくてはなりません。喪主がしっかりしていないと、立派な式場に大勢来てもらっても、参列者にとって不満が出てきてしまいます。喪主はお葬式のマナーなどを理解し、事前に挨拶の練習をするなど準備を整えて出なくてはなりません。マナーに外れた言動をしてしまうと、故人や家族の評価を下げることになってしまいます。家族などが亡くなって大変な時期ですが、故人のために喪主としてしっかりと対応することが大切です。